ファントムライターのレビュー・評判

ファントムライターはアフィリエイトで活用できるツールとして、販売されています。

ツールの分類としては、文章を自動で作成してくれるツールとなります。

なので文章自動作成ツールとよく言われます。

 

このツールは文章自動作成ツールの代表作と言われているPSW2と比較されるのですが、

実際にどのような違いがあって、ファントムライターには

どのような特徴があるのかどうかを解説していきます。

 

 

画像名

 

商品概要

制作者 五十嵐敦
販売サイト インフォトップ

上記でも解説しましたが、文章を自動で作成してくれるツールになります。

自動で尚且つ、様々なジャンルのオリジナル記事を抽出してくれるのです。

 

 

ジャンル搭載数が多彩

ファントムライターは初期搭載しているジャンル数が、物凄く多く兼ね備えています。

最初から、30種類ほど搭載されているのです。

動物系、子供おもちゃ、ファッション、日用品、情報商材、エンタメ系、等多彩です。

 

ジャンル数が物凄い多いので、情報商材アフィリエイト、物販アフィリエイト等

サイトアフィリエイトを取り組んでいる人にとっても、

かなり有効的に活用することが出来るのです。

 

文章自動作成ツールで初期でここまで搭載されているのは、

他にはありません。

 

PSWでは、ジャンル数は、60種類ほどあり選択できる数としては、

最大ですが、1つしか選択することが出来ません。

また、文章自動作成ツールにて、有名なゴーストリライターの場合でも、10種類ほどです。

 

初期購入金額は高いのですが、ジャンル数の一点だけに焦点を当てたら、

確実にコストパフォーマンスは安いと言えます。

 

記事作成精度と機能性が低い

先ほど、ジャンル数で言えば、ファントムライタ―がダントツと言いましたが、

機能性を見てしまうと、ファントムライターはかなり低い部類に入ってしまいます。

 

なので、複数の記事をデータベースによってオリジナル記事が作成されるのですが、

1ジャンルごとに完成度が低いです。そして、類似率等もかなり高くなってしまうため、

せっかく文章自動作成ツールにて、文章作成を省略しようと思っても、

Googleにコピーコンテンツとして、スパム判定をもらい、

検索から飛ばされてしまう恐れがありますね。

 

それに、キーワードの指定、アンカーテキストの指定、

文章の置換等の機能が無いため、サテライトサイトとしての活用も難しいです。

 

ファントムライターは文章の精度や、サテライトサイトとしての活用としても、

あまり使うことが出来ない為、私は利用することがないです。

 

機能性としての優劣を上げると、

  • PSW2>ゴーストリライター3>ファントムライター

となります。

 

 

 

総合評価

疑惑的なツール(★★☆☆☆)

疑惑的と言っても、詐欺ツール等ではなく、一応使うことは出来るのですが、

機能性や文章制度を考慮すると、使う事をためらってしまう、そんなツールかと思います。

 

私は、記事精度や機能性を重要視していますので、

優先的にPSW2しか、文章自動作成ツールでは活用することがないです。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

-->

このページの先頭へ