リライトソフト・ツールのランキング

リライトツールはマウス操作のみで、元記事を自分の記事としてリライトすることが出来るツールになります。

 

言い換え、関連語、言い回し等様々な候補の中から選択をすることで簡単にリライトが可能なので、記事作成が苦手な人やタイピングが苦手な人、また何の記事を書けば良いのかが分からない人等には有効的に活用することが出来ます。

 

  • MSR(メインサイトリライター)

     

     

    MSRはクリック作業により、元記事をツールに挿入することで簡単にリライトすることが出来るリライトツールになります。市場に発売しているリライトツールの中でも、最高峰の収録語数を誇ります。また専門性を持つキーワードの言い回しにも豊富で、何度もアップデートを行いより機能性を高めている確実に使えるリライトツールになります。

     

  • KIJIN

     

     

    KIJINもMSR同様にクリック作業にて元記事をツールに挿入することで、マウス作業にてリライトをすることが出来ます。更に文章自動作成ツール機能も同時に持っています。しかし、リライト出来る収録語数や範囲が少なすぎて、ツールの性能からもMSRと比較してしまうと、大きな差があります。割高ですが、性能性を考えると投資すべきツールとは言えないのが本音です。

     

 

リライトツールについて

リライトツールと言っても、収録されている語数や収録範囲によってリライト出来る範囲が変わってきます。実際にアフィリエイト用語である「キラーページ」のリライト候補として「販売ページ」「ライティングページ」等専門的な言い換えなどが収録されているリライトツールは極わずかです。

 

そのため、リライトツールと言っても、収録範囲・語数が少ないツールでは、リライト後の類似率も下げることが出来ませんし、反ってその後手作業が必要になりますので、時間の無駄になってしまいます。なので、リライトツールは高機能のツールを選択することで記事作成時間を短縮することに大きな貢献をする一方、中途半端な機能のリライトツールなら反って使わない方が良い事もあります。

 

リライトツールの活用について

リライトツールはよく言えば、他の人の記事を参考にして記事を作成する事ですが、悪く言うと、他の人の記事をパクってる行為となってしまいます。そのため、自分のオリジナル記事しか作りたくない人・自分で思うように記事作成の発想が浮かぶ人はこのようなツールを活用することはおすすめ出来ません。

 

しかし、自分で記事を作成することが苦手な人や自分のオリジナルの発想を浮かべる事が苦手な人にとっては、アフィリエイト作業と言う観点では効果的なツールなのです。リライトは、道徳的な面から色々な意見がありますが、アフィリエイトにて収益を得ることに関しては物凄いっていいほど効率的なのです。

 

更に、リライトツールを使うことで文章作成が苦手な人や記事作成時間を短縮したい人にはより作業量の短縮と作業時間の短縮をすることが出来るのです。

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

-->

このページの先頭へ