PPCアフィリエイトとは?PPCの概要や収益が発生する仕組み

PPCアフィリエイトをご存知でしょうか?多数あるアフィリエイトの手法のなかでは、少し聞き慣れないものではありますが、ビジネスの基本は「人がやらないことをやる」ことです。プレイヤーの少ない分野だからこそ、収益を生む可能性も秘めているともいえます。

 

今回はPPCアフィリエイトとは何か?という基本的な部分の説明をします。

 

PPCアフィリエイトの概要

PPCとは「Pay Per Click」(ペイパークリック)の頭文字を取ったものです。直訳すれば(クリックによって支払われる)ということですが、サイトアフィリエイトやメルマガアフィリエイトとは少し違った手法で、SEO対策やリンクの充実などを必要としません。

 

なおかつ、これまで見てきたアフィリエイトよりも売上が上がりやすく、アクセス数は激増します。こう書くと胡散臭い雰囲気になってしまいますが、当然メリットばかりではありません。

 

初期投資がほとんどかからないということがアフィリエイトの魅力の1つですが、PPCアフィリエイトの場合は、相応の資金が必要となってくるのです。

 

わかりやすく言うと、お金を払ってネット上に広告を掲載する。とどのつまり、お金でアクセスを買うのがPPCアフィリエイトの最大の特徴なのです。

 

PPCアフィリエイトで収益が発生する仕組み

冒頭で触れたようにPPCとは「Pay Per Click」の頭文字です。では、いったい何がクリックした時に支払われるのでしょう?

 

アドセンスではクリックされた時に報酬が発生しましたが、PPCでは真逆です!クリックされた時にあなたが広告費を支払うのです。

 

集客以降の基本的な流れは、サイトアフィリエイトやブログアフィリエイトと変わりません。広告からサイトに集客し、商品アフィリエイトを仕掛けて売上を作ったり、リストを集めてメルマガアフィリエイトをしたりする手法です。

 

具体的に見ていきましょう。

 

Googleで検索結果を表示すると、上の分部にURLが緑で表示され「広告」という文字がかかれているものはありませんか?この部分がPPC広告であり、企業や個人がGoogleに依頼して広告掲載し、クリックされればGoogleへ広告料を支払う事になります。

 

GoogleではGoogleアドワーズを通じて「キャンペーン」という名称でPPC広告を登録していきます。

 

ちなみに、2016年の秋以降、「キーワードプランナー」の検索ボリュームの表示がアバウトな仕様に変更されましたが、いくらかの予算を投じてPPC広告を掲載するアカウントには従来の表示に戻せるということが判明しています。

 

Googleの検索結果の1ページ目。通常の検索結果よりも上に表示されることの効果は、これまでサイトアフィリエイトで苦労を重ねてきた方であれば察しはつくと思います。

 

ビッグキーワードの広告を打とうものなら、瞬時に莫大な広告費が発生することになるのです。広告での誘導先でしっかりとしたマネタイズが出来なければ、湯水の如くに資金を投じ、わずかしか回収できないという危険性もありますので、広告の掲載と予算設定には十分な検証が必要となるのですね。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

-->

このページの先頭へ