物販アフィリエイトで売れる商品紹介記事の作成方法

物販アフィリエイトのノウハウを教えるサイトも黎明期を超え、発展期とも言えるほどの数が揃いつつありますね。アフィリエイトの中でも細分化が進み、ブログアフィリエイトを専門にする人、サイトアフィリエイトを専門にする人などその手法も大別されつつあります。

 

どれもそれなりに実績を積み、コンサル生を抱えている方が作成しているものは、あからさまな嘘を教えているというものはないようです。コンテンツもマインドの持ち方から、ワードプレスの設定方法やサイトの構築方法など、どれも必須であることは間違いありません。

 

しかし、実際にそれらのノウハウを学び、全員が全員稼げるかと問われると、やはり一握の人だけが本質を理解して稼げる一握りの集団に入るのではないかと思えます。

 

当然のことですがアフィリエイトの売上とは、あなたのサイトを訪れたネットユーザーが、サイトに掲載された広告から商品を購入することで報酬が発生します。

 

あまたのノウハウでは、いわばハード面のノウハウ提供に偏っており、アフィリエイトする商品の紹介の仕方といったソフト面のノウハウはまだまだ未成熟ではないかと思えるのです。

 

どんなに良い商品であったとしても、商品の紹介の仕方が悪ければ販売ページへ誘導できず、成果につながらないものです。今回は他のノウハウでスルーされがちな商品紹介のテクニックを解説します。

 

アフィリエイトの役割

それではどのような紹介の仕方であれば、アフィリエイトで商品を購入してもらえるのでしょう?ネットユーザーはあなたのサイトやブログを訪れ、コンテンツ内容に所有の欲求を刺激され、買うかどうかを意思決定します。

 

あなたの記事の中でテレビCMのような「すごい!」「業界初の~」「比べてみてください~」といった販売色全開のコンテンツを展開したとして、刺激を受けるでしょうか?ちょっとピンときませんし、たとえ欲しかったものでも「売りつけてる感」に興ざめしてしまいますよね。

 

こうした広範囲的な販売訴求の方法は、企業の販売ページなどで十分になされており、ネットユーザーにとって目新しさはありません。むしろ、販売ページの前に似たような販売ページが重複し違和感さえ与えてしまいます。

 

企業の広告配信は、メディアを駆使して不特定多数の購買層へ投げかけるものです。何百万人、いえ何千万人もの見えない消費者へ向けて網を投げるような方法です。

 

かたやアフィリエイトでは、あなたのサイトへ訪れてくれているユーザーという限定的な範囲へ向けての広告でしかありません。同じ網を投げたとしても、そもそもの数が違いすぎるため勝負にはならないのです。

 

だからこそアフィリエイトの商品紹介に求められるのは、より消費者の目線に立った一本釣り漁のような販売方法であると言えるのです。ではどうやって消費者の目線に立てばいいか?

 

多くのアフィリエイトノウハウは、「消費者の目線に立った商品紹介をしましょう。」と、ここで説明が終わってしまい、結局どこをどう具体的にやれば良いのか迷ってしまいます。

 

多少親切なノウハウであれば体験談やその効果を具体的に書きましょうと付け加えられますが、まだ目立った成果をつかめていない初心者からすれば、売れるイメージを得るまでには至りません。いったい何をすれば売れる商品の紹介記事が書けるのでしょうか?

 

商品紹介記事の作成手順

商品紹介をする上で、まずは商品の販売ページの確認は必要不可欠です。そして重要なのは、その商品の特性、具体的にはHOW 〇〇~で言い表される事柄だと考えください。

  • How much  いくらで?
  • How long   どのぐらいで?
  • How many   いくつぐらい?

 

こうした具体的な数値で言い表される特徴を捉えなくては、消費者目線に立った商品紹介ページを書こうとしても、抽象的でまとまりのない紹介記事が出来上がってしまうのです。

 

消費者目線の紹介文に数値的なキーワードを埋め込んでいくと、商品のイメージをつかみやすくなります。商品イメージとは見た目の映像だけでなく、その商品が実際に手元にある生活のイメージという消費者の想像力も含まれます。

 

数値的なキーワードを埋めていく土台となるネタは、まさに消費者の目線で書かれた記事が最良です。すでにピンときている人もいるかと思いますが、そう、口コミや商品レビューというわけですね!

 

口コミや商品レビューは下記のサイトで拾うことができます。

  • 口コミ&ランキング
  • amazon
  • mixi
  • 2cn
  • Yahoo!知恵袋
  • 楽天

 

口コミ収集に時間を掛けるのでしたら、2chが以外にも生の情報が隠れていますね。

 

これらのサイトは商品名で検索すると購入者の口コミや体験談、Q&Aから商品の情報を抽出することができます。抽出してきた情報を元に紹介文を作るのですが、消費者の声は多数でその切り口も様々です。1記事にまとめるとなると、逆に伝えたい事がぼやけてしまう恐れもあります。

 

最終的に消費者は、購入ページで詳細を知ることになります。あなたの商品紹介記事の役割はあくまでもそこへの誘導なので、商品の詳細よりも消費者の目線の部分にフォーカスしましょう。

 

口コミサイトなどで得た情報には賛否両論があります。Aの部分は優れていてもBは改善の余地ありという人もいれば、その逆に感じている人ももちろんいます。

 

これらの意見が同じページに混在すると不自然な紹介となってしまいます。ベクトルの同じ口コミ意見をまとめ、数値的なキーワードを挿入しながら文章を組み直していくというのが大まかな流れになります。

 

そして、ここからが重要なポイントです。

 

商品の紹介記事は1商品につき主軸にするアピールポイントを変えながら、複数作成するようにします。最低でも3パターンは持っておいたほうが良いでしょう。

  • 商品特性+口コミ
  • 商品効能+Q&A
  • 商品ディティール+体験記

 

など、組み合わせを変えながら商品紹介をしていきましょう。数パターンの紹介記事は、それぞれ別サイトでアップしてもいいですし、1つのサイトにアップして一定期間でサイクルさせる方法でもOKです。それぞれの記事を効果検証し、最も販売に結びつくページにさらに加筆修正し、より良い記事に仕上げていきましょう。

 

初期のうちは1商品で膨大な時間がかかってしまうかもしれませんが、慣れるうちにどんな商品の時に、どんな記事を書けば高い反応を得られるかが体感的に判ってくるようになるのはずです。

 

まとめ

いかがですか?売れる商品紹介の記事を書くのに最も大事なことは「テスト」なのです。言い換えればアフィリエイトでは「テスト」しなくては効率も成果も上がらないのです。

 

しかし、1回のテストだけでは、他と比べるというチェック機能が働きませんので、成功しているのか失敗しているかも気づけない恐れがあります。1つの商品紹介記事にいきなり全力を傾けるのではなく、70%程度の完成度でリリースし、反応の最も高いものに注力していく。

 

一見地味に見えるこの手法こそ、長い目で見れば最も効率の良いアプローチ方法なのです。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

-->

このページの先頭へ