Refine pro(リファインプロ)を購入したのでレビューします

Refine pro(リファインプロ)自体最初は購入するつもりはなかったのですが、

お問い合わせにて「THE WORLDとRefine proどっちがおすすめですか?」といった

質問を度々受けたので、需要があることもあり購入してレビューをすることにしました。

 

Refine pro(リファインプロ)はワードプレスをベースとした、

サイトテンプレートになります。

 

Refine pro(リファインプロ)自体は、ルレア販売会社と同様となり、

SEO対策済みの高機能テンプレートとなります。

 

Refine pro自体、実際にどのような機能を持っていて、実際に活用範囲は広いのかどうかを

購入してレビューしていきます。

 

Refine pro(リファインプロ)の概要

このテンプレートは、アンリミテンプレートや賢威、エッジプラス1と同様に

ワードプレスベースのテンプレートとなっております。

 

リファインプロをワードプレスのテーマ設定に導入しました。

 

リファインプロを導入することで、ウィジェット設定に機能が追加されて、

オプション設定に3つのメニューが追加されます。

 

ここでリファインプロでの主なカスタマイズやデザインショートコードの取得が出来ます。

サイトのデザイン設定もメニューにて簡単に変更することが出来ます。

 

レイアウト設定もメニューにてクリック操作にて変更が可能です。

また、1カラム設定も出来ますので、ライティングページ作成にも活用をすることが出来ますね。

 

吹き出し、囲い、見出しボタン等様々なデザインのショートコードを取得出来ますので、

コピペすることで見栄えを良くできますね。

ザ・ワールドの場合、別枠のツールでの取得ですがリファインプロでは

Wordpress内で取得になります。

 

サイトテンプレートとして、機能性は十分ですし、デザイン素材も豊富なので、

綺麗なサイトを作成することは出来るかと思います。

SEO対策もしっかりとしていますし、

アンリミテッドアフィリエイト販売会社のテンプレート「ザ・ワールド」にも

機能性は劣っていません。

 

Refine pro(リファインプロ)のデメリット

リファインプロはテンプレートとしても、ザ・ワールドなどと比較しても十分役立ちます。

そのため、どちらを選択するのかは、ちょっとしたデザインの差による好みかと思います。

リファインプロの方が全体的に線が薄い印象で、シンプルな印象を持ちます。

 

しかし、リファインプロは他のワードプレステンプレートと比較しても

割高な部類になります。

 

Wordpressのテンプレートで一番実績がある「賢威」よりも高く、

Unlimited Template「THE WORLD(ザ・ワールド)」よりも1万円程高いのです。

テンプレートの種類を増やす目的での購入はいいかとは思いますが、

最初に選択するテンプレートとしてリファインプロを選ぶメリットは

ほとんど無いかと思いますね。

 

総合評価

Refine pro(リファインプロ)は役立つ商材(★★★☆☆)

 

テンプレート・サイト作成ソフトとしては、高機能にて使いやすいのですが、

市場に発売しているテンプレートと価格帯を比較してしまうと、

相場に合っていない印象はありました。

 

取り立ててここまで高い価格を払ってこのテンプレートを使う理由が見当たらないので、

積極的に投資するべきものとは言えないのかと思います。

 

価格が高い理由を勝手に憶測しますと、

このテンプレートには制作者が4人関わっていますので、

そのくらいの価格設定にしないと利益も出にくいのかと思いましたね。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

-->

このページの先頭へ