リライトツール MSR(メイン・サイト・リライター)の使い方を詳しく研究する

リライトツール MSR(メイン・サイト・リライター)の使い方を詳しく研究していきます

リライトツールMSR(メイン・サイト・リライター)はしっかりと作られていて、多くの言葉が登録されています

しかし、使い方や言葉を置く場所によって意味は異なってきます。

見逃しがちな言葉
言葉は位置により意味が全然変わってしまうことがあります

例えば、「で」や「は」、「ので」のような短い単語はリライトする際に飛ばしてしまうことが多いですが、
意外に大切なリライトポイントだと言ってもいいでしょう。

  • 「で」という単語
  • 「に影響されて」、「を活用して」

  • 「は」という単語
  • 「という意味は」、「に関しましては」

  • 「ので」という単語
  • 「ことが理由となって」、「こともあって」

それぞれの単語はこういった意味を持つ場合もあります
そうすると全然違ったリライトに見えますね!

言葉の意味の違い

書き方や、読み方が同じ単語でも文が違えば全く異なる意味になるのです

例えば

「食べる」をリライトする場合一般なリライト単語が「口にする」「食事をする」あたりですよね

MSRでは、「食べる」において「堪能する」「味わう」という単語も登録されています
「高級料理を食べる」「高級料理を堪能する」と書き直したら全く別の文に見えますね

なので、「食べる」をリライトする際「食する」「口に入れる」「食事する」「楽しむ」「堪能する」「味わう」等がリライト候補に出てきます

例:「欲しい」

1「あのおもちゃが欲しい」

2「して欲しいと頼まれた」

このケースでは、使用される言葉は同じでも、全然違う意味にリライトされますね

1「買いたい」「自分のものにしたい」
2「~して貰いたい」「~して頂きたい」
このように考えられます。

ですので「欲しい」という単語をリライトする時、候補には「買いたい」「自分のものにしたい」「貰いたい」「頂きたい」等のように表示されるのです。

このような理由で、今作成している記事には必要のないリライト候補だとしても、他の記事や文では必要になってくるこがあるので、リライト候補に表示される、ということです

リライトツールMSR(メイン・サイト・リライター) レビュー

コメントを残す

サブコンテンツ

-->

このページの先頭へ