【KIJIN】単語アルゴリズム全知能記事作成ツールのレビュー

KIJINは、クリアイズム有限会社による販売ツールとなります。

クリアイズム有限会社は物凄い沢山のツールを発売をしていて、

ネットの評判としては、質の低いツールが多いようです。

 

アフィリエイト系だけでなく、

せどりなどに役立つツール等幅広くツール販売を行っております。

 

「KIJIN」は、同会社販売ツールである、KIJJI改とKYOJINの融合帯となるツールになります。

KIJJI改は文章自動作成ツールで、KYOJINはマウスのみのリライトが可能なツールとなります。

「KIJIN」はかなり高価格でしたが、せっかく一緒に購入できるならと思い、投資をしました。

 

では、実際に「KIJIN」を使ってどのような機能を持っていて、

実際に活用できるかどうかを同機能を持つメインサイトリライターや

パーフェクトサテライトライター2と比較してレビューをしていきます。

 

「KIJIN」の概要

このツールは、リライトツール機能と、文章自動作成ツールの二つの機能を持っているツールとなります。

 

このツールを起動させると、下記のような画面表示となります。

 

まず、リライトツールとしての機能を活用する場合は、上窓に文章を入力します。

挿入した文章は、MSRのレビューと同様の当サイトのTOPページの文章になります。

この文章に対して、変換候補抽出ボタンを押すとリライト変換できる文章が黄色いマークで

表示を行ってくれます。

 

下記の黄色マークが変換できる候補となります。

 

変換できる候補数が物凄い少ないですし、変換に対応している単語もかなり少ないです。

同機能を持っている下記のMSRで同じ文章と比較すると分かりますが、

上記のリライト候補数・範囲では、

類似率を落とすことが出来ませんし、リライトツールとしては使い物にはならないです。

 

このリライト用語収録数でしたら、無料のリライトツールとそこまで大差がありません。

しかも、このツールにてリライト変換を1語行うと、

全て文章が1度表示し直されて1秒間くらいのロスタイムが生まれます。

リライトツールは文章作成を時間短縮するためなのに、これでは使い物にならないです。

 

そして、もう一つの文章自動作成ツール機能では、データベースを一度作成することで、

何度も自分のオリジナル文章を作成する事が出来るのですが、記事作成ボタンを押すことで、

自分がデータセッティングした文章が上窓に表示されます。

 

PSW2と同様のシステムをとっているのですが、

PSW2と比較するとSEO対策に対する機能性はかなり少ないです。

また、自分で作成するデータベースでは、かなりのセンスがない限り

何パターンも文章を作成できませんし、精度が低い文章が作成されてしまいます

 

ですが、このデータベースさえ作成出来れば、自分のオリジナルとなる文章をいくつも

自動で作成することが出来ますので、サテライトサイト記事などにて活用することが出来ます。

リライトツールとしての機能はかなり低いですが、文章自動作成ツールとしては、

活用する余地がありますね。

 

価格帯も割高なので、他ツールと比較してみても投資するメリットは少ないと感じます。

私は、実際に4万近く払った価値は感じられませんでした。

 

実際に、サテライトサイトなどに活用する文章を作成する場合は、

PSW2に投資した方が確実に効果的ですし、

リライトツールにしては話にならずMSRの方が何倍も意味のある投資になりますね。

 

総合評価

KIJINは役立つツール(★★★☆☆)になります。

 

機能全般を見て確かに役立つツールであるかとは思いますが、欠点が多くあります。

まず、このツールを使ってリライトをしたとしても、リライト出来る数が少なすぎるので、

自力でリライト作業が必要になります。

 

また、データベースを作成する作業時間や機能性を考慮しても、

今市場に出ているツールと比較してしまうと、劣ってしまうので、

価格的にも投資することをおすすめ出来るかと言えば、あまり出来ないのが本音です。

 

一応参考までに、下記リンクに販売ページがありますのでご覧ください。

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

-->

このページの先頭へ