成約率が激変する!ユーザーの反応率を上げる4つの記事作成のテクニック

アフィリエイトを始めたばかりの頃は、1記事書くのに何時間もかかり、1日1記事をアップするのにも滞ったりしますよね。

 

ある程度の記事数を積んでいる人であってもなかなか成約が伸びない場合などは、記事の構成や作業の手順などを見直したほうが良いかもしれません。

 

自分語りの日記ブログを書くのであればそれでも一向に構いませんが、アフィリエイターは商品を紹介し、売れてナンボ。売れる記事、売れる書き方は常に意識しておかなくてはなりません。

 

限りある時間で効率よく記事を作成するためにも、記事作成のテクニックを磨いていきましょう。今回はそのうち初歩的な幾つかを紹介します。ぜひ取り入れてみてくださいね。

 

基本の記事構成

基本となる記事の構成方法について解説していきます。

 

記事の構成をパターン化する

  • 問題提起→ 結論→解決の根拠1→解決の根拠2→まとめ→ 販売誘導

 

これは記事を書くときの構成の一例ですが、多くのアフィリエイトサイトで用いられるオーソドックスなパターンです。ポイントは、問題提起で検索ユーザーの悩みを開示した後、早い段階で解決策を提示することです。

 

なぜなら、検索ユーザーは悩みやわからないことを解決しようとして、わざわざ検索しています。せっかくアクセスしても、解決策がなかなか出てこなければ、本の数秒間ですぐにページを離れ検索結果に戻ってしまうからです。

 

伝えたいことや結論から記事をおこすことは、ネット上のコンテンツとしては基本の考え方であるということは知っておきましょう。構成では、解決に至るまでの根拠や具体的な解決方法を2つ~3の見出しで展開した後に、まとめを持ってきて、商品のアフィリエイトへと誘導していきます。

 

他にも記事の特性によって効果的な構成は多数ありますが、根底に共通する考え方として、悩みや疑問を解決したいという検索ユーザー視点を忘れないよう書くことが、成約へと近づけるポイントと言えます。

 

レイアウトのポイント

レイアウトも重要なのでレイアウトについて記載します。

テキストリンクはページ最下部へ設置する

商品ページへのリンクは記事の最下部に設置すると効果的です。

 

冒頭に商品画像を掲載し、記事を読み進めることで期待感を増幅させ、最後にアフィリエイトリンクで販売へと誘導するというストーリー性のある記事構成で成約を狙って見てください。

 

多すぎる小見出しは逆効果

小見出しごとに記事の流れをもたせることは大切ですが、多すぎる小見出しは訴求するポイントがぼやけてしまうため逆効果です。記事を書く際には、必ずアウトラインで設計図を作ってから記事を書くようにしましょう。

 

記事バリエーション

商品を紹介する方法は見せ方を変えることで、結果が変わってくるものもあります。ランキング形式の記事の紹介では、普通に商品画像を並べるよりもクリック率は上がり、成約に進む案件も増えてきます。

 

専門的な知識を挿入したほうが販売訴求しやすい商品などは、「〇〇専門家による□□解説・・・」といった、書き手のキャラクターを設定するのも効果的です。

 

サイトのプロフィールページと連動させたキャラクター設定によって、専門性の高い商品も説得力を持って紹介できるようになります。

 

この他、成約率の高い記事の書き方として、購入者目線での魅力が伝わりやすいレビュー記事も有効な手法の1つです。口コミが最後の決め手となって商品購入に至るケースも珍しくありませんが、リンク先の販売ページと内容が重複しすぎないように注意する必要もあります。

 

文章テクニック

情報の肝となる記事作成のテクニックが重要となってきます。なので、文章を書く際の3つのポイントについて解説してきます。

 

情報は敢えて不足させる

ついつい惹き込まれ、読み進めてしまう文章に見られる幾つかのテクニックを見てみましょう。情報は120%伝えたいというのが紹介者の心理ですが、これを敢えて80%にとどめて検索ユーザーの探究心を煽るという手法もあります。

 

具体的には「職人の超絶技巧が施された本革仕様のウォレット!」「細部のディティールにもこだわった至高の逸品」といった記事から、商品名を紹介していきます。

 

記事ページでは敢えて画像を掲載せず、画像を見たいという欲求を煽り、リンク先の販売ページへと誘導する手法などです。

 

通常では画像という格好の紹介素材を使わない手はないと考えがちですが、リンク先には販売者の用意した多数の画像があり、必ずしもあなたが用意する必要はないのです。

 

物販アフィリエイトではリンクを踏んで購入されて、やっとアフィリエイト報酬が発生します。勘違いしてはいけないのは、画像を紹介することがメインではなく、リンクを踏んで商品購入に至らせることが目的だということを忘れてはなりません。

 

言い切りで自信を伝える

トレンドから移行してきたアフィリエイターによく見かけられますが、「~だそうです。」「~かもしれませんね。」「~だといいですね。」といった与える印象の弱い断定的でない表現を多用する人がいます。

 

物販アフィリエイトでは、少し強いぐらいに商品をプッシュしなければ、購入者の心を動かすことはできません。

 

「この商品の選択はいい結果をもたらすそうです。」よりも「この商品は120%おすすめです!」というように強く言い切りましょう。自信を持って商品を紹介することで、購入者の最後の迷いを振り切ってあげましょう!

 

デメリットを上手に伝える

良いことばかりを並べ立てると、どうしても商売っ気を悟られてしまいます。8割褒めて2割を指摘するくらいの気持ちで、デメリット部分もあえて伝えましょう。

 

あなたにとってマイナスに映ることでも、人によっては何ら問題にもならないということはよくあります。ただ、マイナスの指摘で記事を締めてしまうと、単純に商品をこき下ろしただけと取られてしまいかねません。

 

まとめ

今回紹介した記事を書くポイントは、これまで成約に結びつきやすかったものや、数々の記事を比較した結果、より良い成果に繋がった選択肢です。

 

熟練したアフィリエイターでも10の記事を書いて全て、成果につなげるのは至難の業でしょう。しかし、彼らとまだ成果の出ないあなたには圧倒的に違うポイントが存在します。

 

成果を出しているアフィリエイターは、失敗を失敗で終わらせてはいません。失敗を真摯に受け止め、あきらめず自分の記事をリライトし効果を検証しているのです。

 

いくら失敗は成功の素といっても、同じ失敗を何度も繰り返すことは時間の無駄でしかありません。過去の失敗を振り返る謙虚さほどあなたを成長させてくれるでしょう。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

-->

このページの先頭へ