サイトアフィリエイトの2つの初心者向き手法

サイトアフィリエイトで稼ぐためには、とにかく記事を書かなくては始まりません。最低でも100記事、半年間は継続して書かなければ、人目に触れるようなブログにはなりませんし、もちろん報酬も発生しません。

 

アフィリエイトの一番きついところは、スタート直後にいきなりレースの山場があるということです。右も左もわからず、経験も勘も働かないところへ放り込まれるのです。

 

ブログアフィリエイトでは良質転化の法則という言葉がありますが、これは初期のうちは質を求めてもうまくいかない、たくさんの量をこなすうちに質も上がってくるという状況を指しているのです。

 

しかし、いったん報酬が発生し始めると、多少ペースが落ちたぐらいでは収入は落ちないソフトランディングの状態に入りますので、初期ほどの全エネルギーで走り続けることはなくなります。

 

ですが、完全にノータッチで不労所得のように収入を得るのはまだまだはるか先で、ごく一部のアフィリエイターしか到達できない領域だと思ってください。

 

それではどのようにして記事をお金に変えていくのか、具体的なキャッシュポイントを見ていきましょう。

 

初心者向きのアフィリエイト手法

得られる報酬も少ない代わりに、アフィリエイトの中でも初心者向きとして代表的なのが楽天アフィリエイトと Google アドセンスです。その初心者向きと言われる理由が、「報酬は低めであるが考えることが少ない」ことにあると私は考えています。

 

初心者がすぐに挫折する理由の大半は、「迷う」ことに起因します。

「何について記事を書いて良いのかわからない」
「どんな文体で書けば良いのかわからない」
「どれだけ書けば良いのかわからない」

といったことですね。

 

その点、上記の2つの手法は、初心者が選択して決断しなくてはならない事柄が絞りこまれており、やるべきことが明確であるというのが共通点です。

 

Googleアドセンス

Googleアドセンスはクリック保証型広告と言われ、ネットユーザーが広告をクリックするだけで、あなたにいくらかの報酬が発生するという仕組みです。

 

しかも、広告はあなたのブログのテーマとネットユーザーのそれまでの検索履歴からマッチングされ、Googleによって自動配信されます。あなたがすべきことは、ブログを書いてアクセスを集めることのみというわけなのですが、少なからずハードルもあります。

 

アドセンスアカウントを得るには、Googleによる審査が必要で、独自ドメインを使用したブログとアドセンス規約に準じた20記事程度のオリジナルの記事が求められます。

 

記事を書くことに慣れ、ブログが軌道に乗ってきた人にとっては大したハードルでもないのですが、初心者にとっては大きな壁のようでここで立ち止まってしまう人もいるのです。

 

また、慌ててアドセンス広告を貼り付けても、100記事程度では、まとまった収入は見込めません。報酬が発生したとしてもGoogleからは10,000円を超えなくては支払われませんので、慌てず規約に沿った記事をストックしていくことに専念しましょう。

 

何ヶ月も「今月の報酬10円」なんていうアドセンスの管理画面を見ていても、心が沈むばかりですからね。

 

楽天アフィリエイト

一方、楽天アフィリエイトの開始には、審査すら必要ありません。楽天市場のIDが必要なだけですので、始めるにあたってのハードルすら存在しないのです。

 

この楽天アフィリエイトの特徴は、貼り付けた広告がクリックされれば、30日以内に他の楽天広告のリンクを踏むまであなたの広告にcookieが残るということです。

 

例えばあなたのブログの訪問者Aさんが楽天アフィリエイトの広告をクリックし、購入せずにブログを離脱したとします。しかし、30日間は他の人のリンクを踏まない間であれば、楽天市場の買い物やサービスを受けた報酬を得ることができるのです。

 

それでは、どのように楽天アフィリエイトの広告を選んでいくのか見ていきましょう。

 

記事には誰に向けて書いたものかというターゲットが存在します。例えば、「子供が熱けいれんを起こした時の対処方法は」といった記事であれば、乳幼児のいるママがメインターゲットであるはずです。

 

そしてこの記事を読むターゲットの関心がありそうなことは、「こども」、「育児」、「健康」などではないかと推測することができます。とすると、「子どもの健康」に関する商品広告を掲載すれば、成約の可能性は上がるというわけです。

 

これをアフィリエイトでは「属性をあわせる」という言い方をします。楽天で「子ども」関連の商品はいくらでもあります。その中で、属性にあった商品を楽天アフィリエイトで価格の高いものから選んでいくという流れです。

 

広告の掲載には、人間の心理的な行動を取り入れてみると効果が高まります。記事の下部やサイドバーに画像つきの広告がドーンと貼り付けてあるのをよく見かけます。

 

ユーザー目線で見れば、いかにも広告といった様相が強すぎて、警戒する人も多いでしょう。楽天アフィリエイトでは画像の広告の他に、テキストリンクを使用することができます。

 

アンカーテキストと呼ばれていますが、文字でリンク先を表示されているのものですね。リンク先の名称をそのままアンダーラインで表示しているものもありますが、「こども関連の商品を見る」といったように、文字で商品ページへ誘導する方法もできるのです。

 

記事のターゲットと属性がマッチしていれば、「少し見てみようかな」という心理がはたらきます。売り込み色を抑えて、あくまでも役に立つ商品の紹介ができることもクリックされやすくなる要素といえますね。

 

他にも敢えて画像を小さく掲載し、「クリックで拡大」というようなテキストを添えることでも効果がでますので取り入れてみてください。

 

楽天ランキングの活用

ブログアフィリエイトでは予めカテゴリーに沿って記事を書くことが多いため、自然に属性も絞り込まれていきます。

 

例えば、「女性脱毛に関するお役立ちブログ」であれば、10代~30代の女性といった具合ですね。記事内容に合わせた広告がもちろん王道なのですが、ブログのカテゴリーによっては同じ商品ばかりをアフィリエイトすることになってしまいます。そこで、楽天ランキングを使って、柔軟に属性にあった商品をアフィリエイトするという方法も取り入れてみてください。

 

楽天市場は言わずと知れた日本最大級のネットショッピングモール。アフィリエイトできる商品も5000万点を超えるという規模です。この規模感を活かさない手はありません。

 

楽天ランキングでは、楽天の商品をあらゆる視点でランキングすることができます。「総合」、「カテゴリー」、「性別」、「年齢」、etc。あなたのブログのターゲット層にあわせた楽天市場の商品をランキングし、売れているものからアフィリエイトしていくだけでも、それなりの効果を期待できるでしょう。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

-->

このページの先頭へ