物販アフィリエイトレビュー記事で抑えるべきポイントと成功法

実際に商品を購入し、使用感や特徴を伝えることをレビューと言います。これから購入を検討している人にとって、実際に使った人の意見など購入者の目線で紹介されるレビュー記事は、とても参考になり、アクセスの集まりやすい記事でもあります。

 

しかし、初心者がいきなりレビュー記事を書いても購入はおろかアクセスすら集められずに苦戦するケースをよく見かけます。そこで今回は、レビュー記事を書く上で抑えておくべきポイントを解説します。

 

成果はブログの成長に大きく関係している

商品を購入してもらうには、多くの人にレビュー記事を読んでもらう必要があります。しかし、ブログを開設して間もない頃はレビュー記事に限らず、どんな記事を投稿してもそうかんたんには上位表示されません。

 

これは検索結果の表示順には、サイトの運営期間や含まれるコンテンツの数など様々な要素が関わっているからです。

 

また、商品を購入しお金を払っても良いと思ってもらうためには、購入者の心を動かす文章力も要求されます。専門的なコピーライティングの知識とまでは言いませんが 、その気にさせる魅力的なコンテンツを作ることは、物販アフィリエイトでは絶対に手を抜いてはいけない本質的な柱なのです。

 

プロフィールは必須項目!

最近は実名と画像を公開しているブロガーも珍しくなくなりました。実名でないにせよ、人気ブログのプロフィールは、どんな人物によって発信されているのか、充実した情報を公開しています。

 

物販アフィリエイトを志すのであれば、プロフィールは必須項目だといえるでしょう。もちろん実名である必要はありませんが、年齢や性別、ライフスタイルぐらいは載せておきましょう。

 

あなたが商品の購入を迷っているとしたら、プロフィールも何もないブログを参考にするでしょうか?逆に今どきプロフィールすらないことに不安になってしまうのではないでしょうか?

 

長い期間、誠実に記事を更新していけば、固定の読者は必ずついていきます。ファンとも言うべき読者に支えられることで、いい加減な運営は出来ないという責任感も湧いてきます。人は人に集まると言われるように、たくさんの人に囲まれることで思いもよらないSNSでのバズが生まれる可能性も高くなっていくでしょう。

 

レビュー記事のタイトルの付け方

検索結果で上位表示を狙えるように対策することをSEOといいますが、最も効果が高いのはブログタイトルに含まれるキーワードです。Googleは、検索ユーザーに有益な専門的なサイトやブログを優先して検索結果に反映させることを公言しています。

 

しかし、SEO的な面からもブログタイトルをころころ変更するわけにはいきません。レビューしたい商品によって変更することはできませんが、これはライバルも同じ条件です。したがって、自分のブログジャンルにマッチする商品のほうが販売しやすいでしょう。

 

レビュー記事に限らずSEO効果の高い対策となるのが、記事タイトルにキーワードを反映させることです。キーワード、レビュー記事では商品名などですね。検索エンジン上を巡回しているGoogleのロボットに、この記事は何について書かれた記事かをわかりやすくさせ、スムーズにインデックスさせるためのものです。

 

記事タイトルに商品名を入れる際、型番や品番などより具体的なキーワードが入ると、アクセス数は少なくとも成約率は高まります。具体的なキーワードはスモールキーワードと呼ばれ、いますぐにでもその商品がほしいという人が検索に使うキーワードでもあるため、商品名と上手く組み合わせることで、より良い成果を狙うことができるでしょう。

 

レビュー記事の文章の大切な5つのポイント

レビュー記事の文章を作成していて、私が思う重要な5つのポイントについて解説していきます。

 

レビュー記事でのスペック紹介は程々に・・・

初心者のレビュー記事の失敗例として、 単なる商品説明で終わってしまっている記事をよく見かけます。この商品は○○という商品の後継機で、○○形式の○○で・・・といった取説の棒読みのような文章が延々と続いていくのです。

 

極端な話、どんな商品かはメーカーの販売ページで十分に説明されています。そちらのほうが画像も充実しており、詳細まで把握することができます。検索ユーザーがレビュー記事にもとめているのは、購入を後押しするような、あくまでも消費者目線での使い心地や、質感など生活感や人間味のある感想なのです。

 

メリットとデメリットを伝える

商品はメリットだけでなくデメリットも同時に伝えることで、より消費者に近い目線に立つことができ共感を呼べます。当然のようにデメリットを書くと成約率も下がるのでは?と考えられますが、自分にとってのデメリットが購入者にも同じようにデメリットであるとは限りません。

 

そんな不確かなことに気を使うよりも、販売者が強調したくないデメリットにスポットを当てることで、購入者の気持ちを動かすことができるのです。

 

コメントをいちいち気にしない

ブログにアクセス集まるようになると、少なからず心無いコメントも書き込まれるようになります。コメント欄をつけない設定にするブログもありますが、これでは真っ当な質問すらもシャットアウトすることになり、本当に自己中心的なブログという印象を与えかねません。

 

一生懸命に運営してきたブログでも、どこの誰かもわからない読者のたった一言で一気にモチベーションが下がってしまうものです。しかし、端的に言ってしまえば、心無いコメントは一切気にする必要はありません 。

 

あくまでも一過性のもので、「そうですか、参考にさせていただきますね~」程度でOKです。いちいち反論しても火に油。そもそも主張が違うために寄せられたコメントを、たった数行返信でこちらサイドに引き寄せることなど不可能なのです。なにより、膨大な時間とエネルギーをロスしてしまいます。

 

一つ一つのコメントにとらわれるのではなく、もっと多くの人に商品を紹介する、もっといい記事を投稿するという自分にしかできないことに専念しましょう。 

 

人がやりたがらないことをやる

商品によっては比較するのに手間がかかり、条件は良くても投げ出したくなるようなものもあります。

 

しかし、これはビジネス全般に言えることですが、人のやりたがらないことほどビジネスチャンスと言えます。

 

楽に稼げるということは、ライバルとの激しい競争が待ち構えているということであり、反対に人のやりたがらないことを攻略してこそ、旨味のあるビジネスを展開することができるのです。

 

その商品を知らない人のために各区

レビュー記事では、その商品を全く知らない人に紹介することを前提としています。専門用語など、あなたが意識せず当たり前に使っている言葉でも、はじめて購入を検討している人にとっては耳慣れない単語かもしれません。しっかりと噛み砕いた記事を作成しましょう。

 

アクセスの集まる記事は別サイトにしてしまう

レビュー記事やハウトゥ記事などブログにたくさんの記事がたまっていくと、その中でもアクセスを多く集めてくるエース的なカテゴリーや単体のコンテンツというものが出現します。

 

そうしたジャンルやカテゴリーは、新規ドメインを取得し、別サイトとしてより専門的な内容を網羅していくという水平展開も視野に入れておきましょう。収益の柱を増やし、安定化をはかるという戦略は、自分の上限値を高めるためには重要な戦略となります。

 

全てのビジネスに失敗はつきもの

レビューブログだけでアクセスを集めるには、膨大な時間と集中力が必要となるでしょう。熟練アフィリエイターですら、10サイトのうち3つ程度は全くアクセスの集まらないゴミサイトに終わってしまうこともしばしばです。

 

そのなかで、芽の出そうなサイトやカテゴリーを引き上げ、集中的に伸ばしていくという選抜式の収益構造を意識するといいでしょう。

 

失敗こそ成功の原動力です。失敗や挫折、困難を経験しないビジネスほどもろいものはありません。世紀の物理学者 アインシュタインが残した言葉です。一度も失敗したことがない人は、何も新しいことに挑戦したことがない人である

 

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

-->

このページの先頭へ