直接稼がせてくれる商材は詐欺商材だとわかる理由

偶に、稼ぎに直結すると匂わせるキャッチコピーで売られている商材があります。

 

まるで「金のなる木」の苗であるかのように、「このツールを付けていればお金が入る」「誰でも必ず稼げる方法」などと売り込んでいる商材ですね。早い話、これは全部詐欺です。当サイトで紹介している詐欺商材一覧では、上記のうたい文句のような物も多いですね。

 

詐欺の意図がなかったにせよ、直接的に稼げる方法を収めているような教材に優良なものはありません。ノウハウの死骸が詰まった粗悪品です。

 

今回は直接的な稼ぎのノウハウは旨い話を通り越して嘘八百であるという話をしましょう。

 

本物の商材は稼げる人に育てるもの

どのような商材・教材が本物で本当に価値がある物なのかを解説していきます。

 

稼ぎの考え方は教え、あとは各人次第

嘘八百でない本物の商材というものは、始終固定されたサクセスストーリーに受け手を載せるような真似はしません。

 

アフィリエイトで稼ぐまでに必要な思考や戦略の立て方、講じるべき手段、それらの手順などを扱い、受け手をアフィリエイトの運営に適した思考の持ち主に育て上げるのが本物の商材です。では、直接的に教えるものとどう違うのでしょうか。

 

直接的な教示との違い

例えば、松茸狩りをするとしましょう。直接的に松茸狩りを教えるとなると、「この場所で松茸が採れる」という情報に終始するかと思います。しかし、場所だけ教えてもらっても見つけ方が解らなければ意味はありません。

 

運よく松茸が採れても、その場所以外知らなければ二度は採れないでしょう。また、採取ポイント1つが周知されていれば先に松茸が採り尽くされ、結局採れなくなります。

 

本気で松茸狩りを教える人ならば、生えやすい場所・見つけ方・山での装備とマナー・山の危険などの知識を教えてくれる筈です。これらの知識を動員すれば、あるポイントで松茸が尽きても別の採取ポイントを自力で安全に探し当てることさえ可能になります。

 

市場は自分で見つけるもの

アフィリエイトで稼ぐ為の市場の発見について説明しています。

市場に永遠はない

アフィリエイトで商売するための市場は膨大な世界となっており、無数の市場が隠されています。しかし、市場は競争相手の増加などで稼ぎが鈍り、最終的に稼げない休眠状態となります。教材が本物か出任せかは市場が眠ったときに決まるのです。

 

教材でアフィリエイト向きの思考を磨いて来られた人ならば、次の市場を自力で探そうとします。アフィリエイト自体に必要なノウハウが詰まっていますので、始めた時のような調子で別の市場から再スタートするのです。

 

直接的な稼ぎ方しか知らない人では、市場の場所とそこでやる事しか聞かされていませんので、次の市場を見つけ出す能力はありません。依存していた唯一の市場が眠ってしまった時点で、アフィリエイトでの稼ぎは終了します。南無。

 

広いマーケットで結果を急がない事

優良な教材に巡り合った購入者は、アフィリエイト向きの思考と戦略パターンが組み込まれており、広いマーケットで稼ぎ続けることが出来ます。当然、販売業者への恨みつらみは存在しませんので、双方が儲かる最良の関係にもなりますね。

 

アフィリエイトを始めたての頃は結果を急ぐあまり直接稼げる市場を知りたがるものです。しかし、逸る気持ちを抑えてじっくりアフィリエイトのイロハを習得するのが、長い目で見て儲けを出し続ける道筋と言えます。急がば回れです。

 

 


 

コメントを残す

サブコンテンツ

-->

このページの先頭へ