アフィリエイト詐欺商材のあるある5選とASPについて

アフィリエイト詐欺商品あるあるについて解説していきます。

 

アフィリエイト教材というのは、高いですし、今後のアフィリエイト運営を左右する大事な要素でもありますし、選択を間違えたくないものです。まして偽物や粗悪品を高額で掴まされては泣くに泣けません。

 

しかし、単価が高い・試し読み不可・立証困難などの観点から詐欺が横行している厳しい現実があります。そんな現実に負けないよう、詐欺商品によくある事、詐欺商品の見分け方を解説します。

 

詐欺商材によくある事5選

詐欺商材には本当にパターンが存在します。その手法は似たり寄ったりで、法則をきちんと理解していれば、簡単に騙されるようなことは無くなりますので、もし商材を選ぶ機会があるのでしたら、参考にしてもらえればと思います。実際に詐欺商材はこちらで一覧として簡単に紹介していきます。

 

「楽」と「金額」を押し出す宣伝

「濡れ手で粟」のような話を押し出すパターンは詐欺商材で頻出しています。鉄板と言っていいかもしれません。実際にツールでの自動化・システム化や、SNS・動画コンテンツの応用で稼ぎを楽にしている運営方法は存在します。

 

ですが、詐欺商材はそれを通り越して「微細な労力で莫大な利益」を謳っている場合があるのです。一日何分の作業で月収何十万など、苦労の小ささと報酬の大きさ、両者の対比を露骨にアピールしているものは危険ですね。楽して儲ける道などあり得ません、絶対に。

 

過去に詐欺商材を売っている業者

商材の業者が過去に販売したものを調べるのも詐欺を見分けるには効果的です。過去の商材に詐欺商材があれば、現在売っている商材も詐欺とみていいでしょう。商材が詐欺だと騒がれて雲隠れし、ほとぼりが冷めてから新作と称して売り直した等の線が考えられます。

 

詐欺業者が心を入れ替え真っ当な商材を売り始めたというのは夢想的ですし。なお、業者の過去を調べる際は、業者の名前に「詐欺」「レビュー」「評判」でも添えて検索すればいいでしょう。中には検索除けを施している詐欺業者もいますが、過去を調べる価値は十分あると思います。

 

検索では特定されない商品名

検索除けについて上で少し触れましたが、具体的にどうやるのでしょうか。それは、業者が有名人の名前を名乗る、商品名を大雑把にする等です。

 

そうすると名前で検索しても別の話題で埋め尽くされ、商材や業者の事を突き止められなくなる訳ですね。過去に見たケースでは商材名が「きのこ」とか業者名が「川谷絵音」とかありました。

 

今に生きる忍びというヤツでしょうか。どのみち検索除けするような商品ですから、やましいことがあるに決まっています。

 

販売ページが説明不足

販売ページに載せている説明が簡潔だったり伏せ字だらけだったりする場合も危ないです。

 

詐欺商材は稼げるはずのない代物なので、稼ぐまでの大筋など示せませんよね。説明できないから伏せ字で誤魔化しているのです。純正な商材では稼ぐ大筋や手法の説明ぐらい載せていますよ。

 

とりあえず諭吉の群れ

詐欺商材に限った話ではないですが、何かと胡散臭い広告は札束や万札カーペット画像が置かれています。万札が乱舞する画像で誤魔化したり混乱させたりする意図があるのでしょうか。

 

正規品では販売実績の表を載せて数値的に分かりやすくしているのですが、詐欺商材にはこうした実績が無いので、万札の画像で誤魔化しているようです。この手段に引っかかる人が減っているので、現在は下火になっています。

 

ASPの体質次第では詐欺商材ばかりの所も

アフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)とは、簡潔に言えば情報商材や教材を陳列している販売所のようなものです。ASPによっては詐欺商材が多く陳列されている場合がありますので、適正なASPを探して真っ当な商品を購入したいものです。

 

詐欺商材の多いASP

名指しするならば、「インフォジャパン」「副業.com」「インフォフレンド」「インフォレストラン」「インカムプラス」辺りです。これらは運営方針に問題があるのか詐欺商材が多く売られている地雷物件です。一部のASPは詐欺の訴訟や排斥が盛んになって活動停止を余儀なくされました。

 

地雷ASPでよくあるのは、商材の販売を許可する審査が行われていないことです。通常はこの審査によって詐欺商材の陳列を防いでいるのですが、これを怠ると詐欺師にとって格好のマーケットになる訳ですね。

 

また、ASPの評判や運営者について調べてみれば、ASPの質についても予想がたちますね。

信頼できるASP

逆に詐欺商材が少なく信頼の置けるASPは「インフォトップ」が挙げられます。審査を厳正に行っておりますので、詐欺商材は比較的並びにくいです。但し、厳しい筈の審査をすり抜けて詐欺商材が陳列されていることもあるので、盲信するのも考え物です。

 

詐欺をひたすら避けたいなら、インフォトップのような信頼性の高いASPで老舗の商材を購入するのが堅実でしょう。粗悪品や時代遅れが蔓延している情報商材の市場において、長年売られている老舗商品は高評価を何年も維持している信頼性の極めて高い一品です。

 

目的のアフィリエイトに則したジャンルであれば、まさに理想の情報商材でしょう。
 

 

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

-->

このページの先頭へ