アフィリエイト情報商材詐欺の手口と対策方法

アフィリエイトというのは、HPやブログに貼っている広告から、成約しただのクリックされただの見てもらえただの何らかの条件で報酬が発生するビジネスの事……ここまでは理解されている方も多いでしょう。

 

アフィリエイトというのは、ちょっと作業するだけで月収20万、ツールで自動化すれば不労所得が得られてリスクもない楽な商売……こうお考えの方も多いでしょう。

 

確かに広告収入で成り立ってはいます。しかし、不労所得とかリスクが無いとかを本気で信じている方はアフィリエイトをやろうなどと考えない方が身の為です。「なんか楽そうだしちょっとやってみっか!」と安易に考えている人こそ、よく狙われているのですよ。詐欺に。

 

さて、今回はアフィリエイト関連の詐欺にはどのような手口があるのか、回避策はあるのか、そもそもアフィリエイトは楽なのかについて解説しましょう。

 

アフィリエイトの厳しい現実

まず、アフィリエイトが本当に楽な商売なのかについてお話ししましょう。結論から言いますと、全然楽ではありません。非常に厳しいです。

 

いきなり高い教材を買って勉強するところから始めるわけですから、軽い気持ちで参入できる業界ではない訳ですね。

 

実際にアフィリエイトを始めても、1ヶ月は無収入で運営せねばならず、成功したかどうかは半年で月収20万というしょっぱいラインです。いきなり爆発的に稼ぐのは不可能です。

 

昔のデータですが、アフィリエイトでの月収0.5万以上さえ5%しかいない時期がありました。古い統計ですし、個人ブログに広告を貼っている程度でも母数に入っていますので、このデータで信じるかは読者に任せるしかありませんが……。

 

ともかく、月収10万以上をアフィリエイトで稼げている人は結構稀です。

 

詐欺の手口と対策

アフィリエイトが決して楽でない事、短期間で爆発的に稼げるような商売でない事はご理解いただけましたか?「まさか」とお思いの方もいらっしゃるでしょう。

 

アフィリエイトには不労所得のイメージが根付いておりますので、「実は厳しい」と言われても釈然としないのは詮無きことです。

 

それでも、誤解を解いておかないと悪辣な詐欺師の餌食にされます。知識に疎い初心者を彼奴らは狙っていますので。

 

詐欺商材とはどんなものか

具体的にアフィリエイトの詐欺商材とはどのようなものかといいますと、内容の浅薄な粗悪品であったり何の得にもならないようなツールであったりの類です。

 

これに過剰な甘言、例えば「起動するだけですぐ稼げるツール」「誰でも月収50万になる方法を収録」といった誘い文句を添えて売り込んでいる訳ですね。美辞麗句で装飾した何の意味もない粗悪品を何十万円と高い値段で販売しています。

 

実物の相場は3万円ぐらいというのに、なんと面の皮の厚い連中でしょうか。ちなみに、商材以外では塾の運営も挙げられます。実態はマルチ商法という場合も多々ありますので、近寄らない事が一番だと思います。

 

詐欺への対策

詐欺商材を扱う連中が標的としているのは、アフィリエイトを始める為教材を探している初心者層です。詐欺の手口は無駄にアップデートを重ねているのですが、共通しているのは甘言で惑わそうとする点なので、キャッチコピーには注視しておきましょう。

 

「誰でも」「初心者でも」「簡単に」「すぐに」「月収が」「世界初」「新手法」といった単語には留意してください。詐欺師はなかなかこれらの単語から離れられないようです。

 

それでも判断の付きにくい場合は、商材・販売者・会社の名前で検索して調べるといいでしょう。レビューで非難轟々だった為に詐欺商材と気づくケースもあります。

 

ただ、周到な詐欺商材にはサクラや工作員の賞賛レビュー・サイトまで用意して判断を惑わせるものもあるようです。当サイトでも、詐欺商材を紹介して詐欺であるパターンを解説していまので参考にしてください。

 

もし被害に遭ったら

仮に詐欺商材を買わされた場合、まずは国民生活センターへ相談に向かうことです。それでも返金や詐欺師摘発への望みは薄いでしょう。詐欺商材の基準は定まっておらず、詐欺の立証が困難である為です。

 

警察に突き出しても、民間の金銭トラブルに過ぎないのでまともに取り合ってもらえません。詐欺商材の返金までには時間と労力が途方もなくかかります。長い時間をかけてもなお返金が叶わなかったケースも少なくないです。

 

身も蓋もない言い方をすれば、詐欺に遭ったら手遅れなのが現状ですね。詐欺商材に引っかからないよう、商材を精査するなど自衛するしかなさそうです。宣伝文には特に気を付けましょう。

 

 


 

コメントを残す

サブコンテンツ

-->

このページの先頭へ