メルマガアフィリエイトのオーソドックスな手順や注意点

前回の記事にてメルマガアフィリエイトについての概要と、無料レポートを使ったオーソドックスな手順について紹介しました。今回はメルマガの中身、書き方について掘り下げて見ていきたいと思います。

 

メルマガの書き方と注意点

これはブログアフィリエイトにも同じことが言えるのですが、1番最初の壁は「何をどう書けば良いのかわからない」ということです。

 

これまでアドセンスアフィリエイトや物販アフィリエイトなどで経験を積んできた人は、何人かの先駆者のメールマガジンに登録されたことがあると思います。

  • ブログを読んでノウハウを学び、さらにリアルタイムでブログに書けない情報をもらえるメルマガの存在を知る。
  • ノウハウを体系的にまとめた無料レポートへの登録で、メールマガジンが配布されることを知る。
  • 何通かに別れたメルマガで、コンサル募集や有料セミナー開催の情報や、テキスト販売などの案内を知る。
  • 何人かのアフィリエイトノウハウを教える人が、似たようなステップを踏んでいることを知る。
  • ようやくアフィリエイトを教えることで稼ぐジャンルの全貌が見えてくる。

 

といった流れでしょうか。

 

この一連の流れの中で、収益を生み出す重要なポイント、それがメルマガなのです。無料で集まってきた読者を「お金を出してでも購入したい」という気持ちに転換させるスイッチの役割ですね。

 

当然、人の心に響く内容のマガジンでなくては意味がありません。

 

しかし、ブログ記事やメルマガなどで使う文章は、ビジネス文書とも小説などの読み物とも違います。ましてや学校で教えてくれるものでもありませんので、はじめから上手く書ける人はいません。

 

伝えたいことや、自身の立ち位置などをはっきりさせることも良い文章を書く上では大切なことですが、読者への問いかけやアクションを絶やさないということも、早く上達するためのコツなのです。

 

「自分はこう考えているがあなたの考えを聞かせて欲しい」
「〇〇についてはどういった意見をもっているか」

 

といった参画型メルマガというか、1対全体への一方通行なメールではなく、1対1のメールのキャッチボールを感じさせるというのが読者を惹きつけるメルマガの特徴だと言えます。

 

メルマガ読者が1000人を超える規模になってくるとアフィリエイトを始めていきましょう。しかし、ここでしつこい感じの悪い商売っ気が出てしまうと、それを望んでいなかった読者が減少することは避けられません。

 

アフィリエイトするにしてもあなたの大事なファンであることには代わりありませんので、本当にいい商品、本当に役に立つ商品をアフィリエイトすることを疎かにしてはいけません。

  • 1通のメールであれもこれもと商品を紹介しない
  • 商品紹介URLは文頭、文末の程度にとどめ、長い文章のときだけ文中に
  • 1通ごとに商品を変えない

 

上記のような、商売っ気を感じさせてしまう部分は最新の注意を払いましょう。

 

メルマガアフィリエイトの収益性

基本的にはブログやサイトはネットショップに近いお客さんを待つ性質ですが、メルマガアフィリエイトは訪問販売に近い攻めの性質があります。

 

メルマガを始めることにより、ブログからメルマガに流してマネタイズを仕掛ける方法も、逆にメルマガを流入経路にブログでコンテンツ販売を促す方法も両方の戦略が取れるようになり、より高い商品販売力をもつことができるようになります。

 

今後大切になってくるのは、自分が何者で何を販売したいのかを明確にし、ブログ、メルマガのコンテンツを連動させることです。点と点で販売していた商品を、面で展開していくイメージなのです。

 

メルマガアフィリエイトの利点は、表面上は1対1のメールであり、スタートは読者登録した順に何度も切ることが出来るため、途中修正が加えやすいという点です。

 

トライ&エラーを繰り返しより良いメルマガアフィリエイトを目指してください。

 


 

コメントを残す

サブコンテンツ

-->

このページの先頭へ