Googleアドセンスを停止されないために

この記事では、グーグルアドセンスの広告についてです。グーグルアドセンスの規約について甘く考えている人が多いので、下記にてグーグルアドセンスの注意喚起とアドセンス規定について記載していきます。

 

アドセンス停止と死刑執行について

いきなりですが、死刑囚は毎朝気が休まらないそうです。死刑の執行そのものが死刑囚自身に言い渡されるのは決まって朝方で、それも唐突な報告となるため、毎朝自分の命を潰される恐怖に襲われる訳ですね。まあ死刑囚とはそうなる程の犯罪をしでかしたわけですから、彼らに同情せよと無理強いするつもりは一切ありません。凶悪な犯罪に血塗られた囚人の集まりで起こっていることなので、収容所の職員や教戒師や面会希望者でもなければ無関係の話として流せます。

 

しかし、こうした死刑宣告の恐怖が仮に収容所の枠を超え人間社会全体に行き渡ったとしたらどうでしょう。市井で平常に生活をする何の咎もない一般人が、ある朝突然死刑執行を言い渡され刑場の露と消える世界があったとしたらどうでしょう。完全にパニック映画そのものではありませんか。

 

Googleアドセンスを取得しているアフィリエイターはそうした世界で利益を追求している危うい存在でもあります。流石に命までは取られませんが、収入の要が一瞬にして破壊される危険は常に付きまとっています。規約に反しなければよいとお考えかもしれませんが、その規約について完璧に把握しておかないと突然ペナルティを食らう憂き目に遭います。

 

最悪の場合二度とアドセンス広告を使えなくなる追放措置を受けることでしょう。今回の話はただの恐怖喚起に過ぎません。アドセンスの規約を今一度確認し違反することなきよう努めるのはあなた自身です。

 

アドセンスポリシーは絶対なり

アドセンス申請の際、ポリシーへの同意を求められたと思います。何の気なしに同意した方は再度ご確認ください。ポリシーは本来「方針」を意味しますが、ほとんど「規約」です。誤訳かと思われますが、Googleからすれば「ワシらはこないしたいねん。アンタらも協力しいや~」と方針への協力を要請している態なので間違ってはいません。

 

さて、アドセンスの規約では、「エログロ暴力」「著作権絡みで面倒な事」「自演クリック」「露骨な誘導」「誹謗中傷」などを禁じています。実際は他にも多くの規約が存在し、「読んでられるか」という人向けに動画版のガイドもあります。それを知ろうと知るまいと関係なく、規約に反しているとGoogleに見做された場合、警告として広告配信をストップさせられます。

 

広告配信のストップは解いてもらえる

広告配信の停止措置は許しを乞えば解いてもらえますし、アカウントやサイト自体も生きています。ただ措置中は広告が空白状態になりクリックされることもありません。複数サイトを運営しているならばそちらの広告収入は変わらず入ってきます。そう考えると案外緩い措置ともとれます。

 

しかし、警告されたら速やかに動かねばなりません。注意しても直らない人間は誰でも嫌がりますからね。規約違反とされた箇所を修正してGoogleに詫びを入れましょう。許しを得れば以前の通り広告を貼れるようになります。

 

最悪の場合は追放措置

しかし、同じ規約違反を何度も繰り返せばより重い措置を受けます。それはアカウントの停止で、今後一切アドセンス広告を貼れなくなる追放措置となります。また、Googleにとって重篤な規約違反が発覚した場合、一発で追放となる場合もあります。

 

追放される理由として挙げられるのは、「自演クリック」「自動化されたトラフィック稼ぎ」「読者を騙して広告をクリックさせるようなサイト構成」「児童ポルノ等それ自体が犯罪のコンテンツ」といった所でしょうか。勿論他にも多く原因は存在します。

 

曖昧な規約に翻弄されないために

違反すれば最悪の場合追放される規約ですが、困ったことに抽象的な表現が多くグレーゾーンの見極めが非常に難しいです。天下のGoogleでも手間暇かけてコンテンツが規約に反していないか人の目で判断しているから…らしいです。明確な基準がないゆえ、見回りする職員によって規約違反かどうかが変わってくるので、ギリギリのラインを攻めようとすれば大抵失敗します。

 

伸び始めが最も危険

アフィリエイトが軌道に乗った途端にペナルティを課されることが多いです。Googleはアドセンスを提供しているサイトの中でも「急激にアクセスが伸びているサイト」を特に警戒しているためです。伸び始めにGoogleの厳しいチェックが入るのはもはや通過儀礼なので、その時に困らないようサイト設立当初からコンテンツ内容には気を配りましょう。「このぐらいは大丈夫」「まさか自分が」という考えは危険です。

 

規約違反と見做された実例

最後に実例をいくつかご紹介しましょう。

 

YouTubeから転載した動画が著作権で引っかかった

YouTubeではセーフでもアドセンス的にアウトの動画は非常に多いです。「ニコニコ動画」では即刻消されるかどうかも一つの指標ですが、テレビ番組など明らかに引っかかると感じたら触れないのが理想でしょう。

 

平行運営していた通販や物販アフィリエイトの広告が規約違反となった

他アフィリエイトとアドセンス広告の二刀流を実践している方もいらっしゃいます。この時、あっち側(物販側)の広告がアドセンスポリシーに違反したせいでペナルティを食らうケースが多いのです。ディズニーキャラがデザインされている等危険な商品は山ほどありますので、あっち側の案件探しはアドセンスポリシーとよく相談して決めましょう。

 

特に通販のターゲティング広告(閲覧者の履歴をもとにお勧め商品を提示する広告。当然閲覧者ごとに商品は違ってくる。)はアドセンスにとって劇毒です。人によってはディズニーランドの売店やレンタルビデオ店のAVコーナーに化けますので。

 

アドセンス狩りに遭った

アドセンス狩りによって規約違反に仕立て上げられるケースもあります。主な手口は、広告を何べんもクリックして不正なクリック増加をでっち上げる、ソースからアドセンスコードを盗んでアダルトサイトなどに貼りつける等があります。

 

稼いでいるアフィリエイターへの嫉妬やアフィリエイト自体への憎悪からアドセンス狩りに精を出す人もいます。外的要因ゆえ誰でも襲われる可能性がありますので、対策可能なことは事前に必ず対策しておきましょう。まずクリック数とアクセス数の関係性があからさまにおかしかったら、アドセンスの方にこちらから連絡することが望ましいですね。

 


 

コメントを残す

サブコンテンツ

-->

このページの先頭へ