トレンドにて安定したアクセス・収入を生む記事作成の4つのポイント

トレンドブログに載せた記事が多くの人に読まれるのは大変よいことです。集まった人のごく一部が広告をクリックし、収益に繋がることが期待されますからね。しかし、広告をクリックされるには、広告のあるところまで読み進んでもらわなくてはなりません。

 

折角検索上位に表示されても、記事の質が低く頭だけ読まれてすぐ離脱されていてはGoogleからの評価が下がり、検索上位から落とされてしまいます。たとえ広告をクリックされずとも、記事が最後まで読まれれば望みは繋げます。そのため、記事の執筆も気が抜けません。

 

記事の質を上げる4つのポイント

こうして幾つかのポイントを同時に説明する時に、いっぺんに短時間でマスターすることは難しいです。出来るところから実践し、一箇所ずつ形にしていきましょう。

 

ファーストインプレッション

記事を読まれない原因の大半は、ページを開いた時の第一印象が悪いことです。タイトルや見出し文が拙いと回れ右されてしまい、ろくに読んでもらえません。出来るところから実践とは述べましたが、第一印象を良く持ってもらう努力は最初に実行した方がいいでしょう。

 

記事の顔となる冒頭部分は「地区予選」のようなもので、中核が如何に立派な文章であっても冒頭で滑っていると読者からもGoogleからも評価されません。タイトルは選んだキーワードを入れねばならない課題もあり難しいですが、興味を惹く書き方というものは存在します。Yahooニュースのタイトルは短い文字数ながら的確に概要を伝えている高い技術が施されておりますので、ニュース探しのついでに勉強するのもよいでしょう。

 

また、ページの冒頭だけでなく重さにも気を配りましょう。画像や動画、特に動画を多く載せるとページが重くなってなかなか開かなくなります。こうなると読まれもせず立ち去られるケースが非常に多いです。低スペックのパソコンや遅い回線などに配慮して動画は1つまでにしましょう。ユニバーサルデザインも多くの人に読まれる秘訣です。

 

記事のテンプレを作る

記事の質を上げようとしても、丹精を込めている間に記事の旬を過ぎてしまっては本末転倒です。執筆のスピードを少しでも上げるために、ある程度は記事の「型」を設けておきましょう。

  1. タイトル
  2. 見出し文
  3. 序論(ニュースの概要、取り上げられているタレントや事象などの説明)
  4. 本論(自力で集めた関連情報やネット上の声)
  5. 結論(自分の感想や考察)

これはほんの一例です。自分なりに有効な型を作っていくのが一番ですが、最低でも起承転結の自然なつなぎは意識した方がよさそうです。「型」を作っておいて執筆をシステム化し、新鮮なままのトレンドを提供しましょう。

 

キーワードを使いながら1000文字以上は書く

長い情報を的確に短く纏めて分かりやすくするのは頭のいい行いと云われています。しかし、記事にまでそれを適用するのは賢明な行動と言えません。

 

最後まで読んでもらえる記事だとしても500文字程度の短い記事ではすぐに読み終わってしまい、「滞在時間」を稼ぐことが出来ないのです。滞在時間の短さもGoogleからの減点対象となりますので、それなりに時間をかけて読んでもらう必要があります。

 

最低目標として1000字以上の記事を書いてください。それも無意味で姑息な字数稼ぎではなく、意味のある文章として完成させる必要があります。重くならない範囲で動画を入れるのも滞在時間を長くする一手でしょう。

 

また、記事中でも選定したキーワードを盛り込みましょう。特にタイトルや見出し文など記事の前半に入っている方が検索では優遇されますので、SEO対策としては望ましいです。但し、キーワードの盛り込みを重視するあまり文章の自然な流れを損なわないように注意しましょう。露骨に多くキーワードを入れているとスパムではないかとGoogleから疑われます。当然、減点対象です。

 

自分の言葉で書いていく

Googleは同じ内容のページが粗製濫造されることを「価値の低いコンテンツ」として激しく嫌います。時にサイトやブログの削除という強硬手段に出ることもあります。これはトレンドアフィリエイトにとって試練と言えるでしょう。

 

元となるニュースは稼ぎの源泉であると同時に、他人様の文書でもあります。コピペして少し書き換えただけでは不十分で、粗製濫造のひとつで終わってしまうことでしょう。勿論その程度の記事はペナルティ対象となります。

 

低価値の烙印を押されないためには大部分を自分の言葉で書くこと、そして元記事だけでは分からない新たな情報や視点を提供することです。ニュースについて自分が思ったことや自分が知っている情報を積極的に盛り込んでいきましょう。

 

ただし、自分に正直なあまり過激な発言をしたり真偽不明のことをさも事実のように書いたりするのは厳禁です。誹謗中傷はれっきとした規約違反なので、最悪の場合アカウントを消されますので、規定内での発言が必要になります。

 


 

コメントを残す

サブコンテンツ

-->

このページの先頭へ