記事タイトルのキーワード選び2つのSEO対策の法則

トップページのSEO効果をあげる役割

記事タイトルには、ブログ全体でSEO対策しているキーワードをなるべく入れるようにしましょう。例えば、TOPページを”アフィリエイト”というキーワードで対策しているとしたら、記事作成する際タイトルに”アフィリエイト”を入れることがSEO対策上有利に働きますになります。
この”アフィリエイト”のキーワードを含むタイトルの記事が増えることにより検索エンジンに”アフィリエイト”について詳しく書かれているサイトだと判断されユーザーが”アフィリエイト”と検索したときに上位表示されやすくなります。
もし反対に、”アフィリエイト”というキーワードで上位表示したいのに、全然関係のないキーワードが記事タイトルにに沢山入っていると、検索エンジンも何が重要なキーワードかわからなくねらっている”アフィリエイト”で上位表示することが難しくなります。

ニッチキーワードで上位表示させるためにキーワードを追加

”アフィリエイト”など一単語ですと上位表示が難しくなるので、ハードルを下げる為に複数のキーワードを組み合わせます。
ユーザーが複数のニッチキーワードで検索する場合に上位表示させるために、”アフィリエイト”というキーワードに加えて2~3つの程度の単語を加えた用語でタイトル記事にします。
例えば、この記事のタイトルで言えば、単純に『記事タイトルのについて』ではなく『記事タイトル』以外に『SEO対策』『キーワード』という関連性があるキーワードが入っているので『記事タイトルのキーワード選び2つのSEO対策の法則』というタイトルにします。
また記事中にもタイトルに入れたニッチワードをいくつか(2.3個)組み込みましょう。
こちらも上位表示するために有利になる材料です。

このような、ニッチなキーワードで上位表示されるよう複数のキーワードを組み合わせるようにします。

コメントを残す

サブコンテンツ

-->

このページの先頭へ