情報商材と一般書籍の内容と価格の大きな違い

アフィリエイト関連の情報商材は、アフィリエイトについてがある程度理解があるのが前提でPDFや動画ファイルなどである1つの具体的なアフィリエイト方法が解説しており、大体1から10まで丁寧にステップアップ方式っでおしえてくれます。
もし、作業途中で躓いてしまうことがあればメールやスカイプなどでサポートしてくれたりする教材も増えてきています。
また、紹介されているアフィリエイト方法の作業を効率化するためのツールなども特典として付いてくる場合もあります。

アフィリエイト関連の一般書籍は、アフィリエイトの意味の概念からの説明が多く、ブログの作り方、ASPの登録方法だったりと、本当にアフィリエイトについて何も知らない人が読む内容となっている書籍が多いです。
なので、書籍では情報を得るためのものだけですのでメールなどの相談ができたり作業効率化になるツール配布などサポート体制はありません。

二つの違いを説明すると一般書籍は普遍的で情報商材は特殊的で具体的な内容となっている場合が多いです。
また、この二つの大きな違いは、販売価格にもあります。一般書籍の場合1千~2千が大体の値段ですが、情報商材は1万~5万前後で塾スクールの場合、驚きかもしれませんが30万ほどは掛かる相場となっております。

さらに、情報商材は出版社からの販売でなく、誰でもある程度の審査を通れば高額の情報商材でも販売すること可能になってしまうので、情報商材を購入を考えている場合、しっかりと見極めないと詐欺的な情報商材に騙されてしまう恐れがあるので気をつけましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

-->

このページの先頭へ