SEO対策で失敗する要因と原因の分析

SEO対策の失敗はアフィリエイトサイトを運営しているならもっとも避けなければいけない事項かと思います。私自身SEO対策のノウハウ書はかなり持っていて、ブラックハットからホワイトハットのノウハウまで網羅しています。

 

タイトルに自分の狙っているキーワードを入れて順位が上がったり、りんくを増やして上がった、いろんなノウハウを試してきて、サイトの順位の変動は色々体験していきましたが、私が今までSEO対策をしていて、失敗する時の特徴がいくつかありました。

 

今後の為にも役立つ情報として発信していこうかと思います。

 

SEO対策の失敗要因

まずは、中途半端なSEO対策の知識を持っていると大きな失敗をすることが多いかと思いますね。私自身、アフィリエイトを実践していてSEO対策について少し知識をいれて実践していました。それがあだとなって失敗することがありました。

 

例えば、ブラックハットの代表的な施策でもある不自然なリンクなどはかなりまずいです。不自然なリンクは、きちんとした知識の元で自演リンクを実践しなければ、簡単にグーグルに見破られてペナルティを受けることにもなります。

 

Googleはペンギンやパンダアップデートなどで、より厳しくしているところから、中途半端な知識でSEO対策をするのはかえって危険なことだと言えるんですね。

 

他にも、外部リンクであるサテライトサイトの全否定もSEO対策として失敗の要因と上げることが出来ます。

 

グーグルは確かに、自分でサイト順位を上げる目的として、リンクSEO対策を否定していますね。ただ、正しい知識も元で、適切であるサテライトリンクで順位を上げて、不適切なリンクを拒否することで、商用サイトで順位を上げることが本当に重要なんです。

 

例えば、サテライトサイトを複数場合に関しても、IPドメインの分散が出来ていなかった場合も危険ととらえることが出来ます。また中には、IPドメインの分散はできていても、IPアドレスの分散が出来ていない場合もあるので気をつける必要があります。

 

また、サテライトサイトのコンテンツの質を考えることが出来ていない場合も危険です。サテライトサイトが、内容が薄いペラページの場合、価値のないコンテンツとして、逆に低評価をもらう場合多いです。

 

また、SEO業者に頼むことも危険と隣合わせなのも事実なのです。SEO業者は確かに外部リンクを貼ってくれることで、サイトの順位を上げることが可能なのですが、業者の中には、勉強不足で、Googleにとって危険なリンクの張り方をしてしまう業者もあるのです。また、リンクを貼る対象である、サイトが価値の低いサイトでコンテンツも薄い場合、自演リンクや業者のリンクを貼ったとすると、高確率で飛ばされてしまいます。

 

「低いコンテンツサイトにこんなに自然リンクが張られるわけがない」ってね。

 

まとめ

色々とSEO対策の失敗について書いてきましたが、まとめると中途半端な勉強でブラックハットSEOはやらない方がいいです。ブラックハット実践するなら、きちんと知識を蓄えて、あくまでも自己責任として納得することが出来るくらい勉強して実践するべきですね。

 

また、ホワイトハット完全主義者になることも実際には成果が出ない状態がずっと続く可能性もあるので失敗の一因として考えることが出来るんですね。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

-->

このページの先頭へ